カテゴリー別アーカイブ: 映画

観たDVD

■レスラー

■Dr.パルナサスの鏡

■アイアンマン2
(途中で寝た)

■薬指の標本

■けものがれ、俺らの猿と

■リリィ・シュシュのすべて

最近見たDVD

書かないと忘れるな
というかまだ見てるハズなのでもう忘れてる


■おとなり

■めがね

■ケンタとジュンとカヨちゃんの国

■ベロニカは死ぬことにした

■その土曜日、7時58分

■グラン・トリノ

■スクール・オブ・ロック


■ジャージの二人

■スイートリトルライズ

■ボーイズ・オン・ザ・ラン

■重力ピエロ

■歩いても 歩いても

■誰も知らない

■セックスと嘘とビデオテープ

■ハイ・フィデリティ


 うちの近所のTSUTAYAは肝心なものが置いてないし、とんちんかんなところに置いてあったりするし、実家近くの充実した店舗が恋しい。

ここ最近みたDVD

■食堂かたつむり(2010)
 監督:富永まい
 柴咲コウ/余貴美子/ブラザートム/志田未来/満島ひかり

■ゴールデン・スランバー(2010)
 監督:中村義洋
 堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり/貫地谷しほり/相武紗季/ソニン/大森南朋/柄本明/香川照之/永島敏行/濱田岳

■空気人形(2009)
 監督・脚本・編集:是枝裕和
 ペ・ドゥナ/ARATA/板尾創路/高橋昌也/余貴美子/岩松了

■トウキョウソナタ(2008)
 監督:黒沢清
 香川照之/小泉今日子/小柳友/井之脇海/井川遥/津田寛治/役所広司

■腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007)
 監督・脚本:吉田大八
 佐藤江梨子/佐津川愛美/永瀬正敏/永作博美

■ストロベリーショートケイクス(2007)
 監督:矢崎仁司
 池脇千鶴/中越典子/中村優子/岩瀬塔子/安藤政信/加瀬亮

■図鑑に載ってない虫(2007)
 監督・原作・脚本:三木聡
 伊勢谷友介/松尾スズキ/菊地凛子/水野美紀/岩松了

■自虐の詩(2007)
 監督:堤幸彦
 中谷美紀/阿部寛/西田敏行/遠藤憲一/名取裕子/竜雷太/カルーセル麻紀

■ナイスの森(2006)
 監督:石井克人、三木俊一郎、ANIKI
 寺島進/浅野忠信/池脇千鶴/吹石一恵/加瀬亮/菊地凛子/貫地谷しほり

■ヴァイブレータ(2003)
 監督:廣木隆一
 寺島しのぶ/大森南朋/田口トモロヲ


■バイバイ、ママ

■エターナル・サンシャイン

■オール・アバウト・マイ・マザー

■マリー・アントワネット

■キック・アス

■リトル・ダンサー

■アイズ・ワイド・シャット


まだあった気がする。

潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る
潜水服は蝶の夢を見る(2007フランス)

 「僕の人生は小さな失敗の連続のように思える。・・・悲惨な運命のおかげで僕は自分の本質に気付いたのか」
 ある日脳梗塞に倒れ、病室で目覚めた時は全身麻痺、左目しか動かせない。華やかな職業でかなり奔放な生活を送っていたジャンも、初めはそうとう悲観的。まあ当然か。でも「もう自分を憐れむのはやめた」と思い直してからは、想像力と記憶の中で様々な夢(妄想も)を見てる。
 私なら絶望しきって無気力なんじゃないか、とか考えてたけど、何もせずにいる方が怖いことなのかも知れない。
 そしてファッション誌の編集長をこなすからには根は楽天的なのかも。それはジャンの心の声や想像の端々からもわかる。病室に電話を設置するときも、「話せないのに電話を?」「無言電話するんじゃないのか」という作業員に、頭の中では大笑いしている。
 父親ゆずりの女好きで、周りもそれを知ってかジャンの世話に送り込まれるのは美女ばかり。
 そんな奔放で正直な彼をみんな好きなんだろうな。

 終始トホホ感というか軽いあきらめ感が漂っており、ジットリはしてないです。

愛のむきだし

キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出・・・。
世界が認めた衝撃のエンターテインメント超大作(&問題作)
237分の衝撃―。実話をベースに描く、無敵の“純愛”エンターテインメント

【ストーリー】
幼い頃に母を亡くし、神父の父テツと二人暮しのユウ。理想の女性“マリア”に巡り合うことを夢見ながら、平和な日々を送っていた。
しかしテツが奔放な女サオリと出会ってから生活が一変。やがてサオリがテツのもとを去ると、テツはユウに「懺悔」を強要するようになる。父との繋がりを保つために盗撮という罪作りに没頭していくユウ。
そんな彼はある日、罰ゲームで女装している最中に、ついに理想の女性ヨーコと巡り合う・・・。

【キャスト&スタッフ】
キャスト:西島隆弘 満島ひかり 安藤サクラ 渡辺真起子 渡部篤郎 ほか
原案・脚本・監督:園子温 主題歌:ゆらゆら帝国

 大変ヨカッタのでおすすめ。
 話はわかりやすいので(あんまし普通でないけど)、あとはテイストの問題で好き嫌いが分かれそうではある。私はとくに違和感無かったけど。
 キャラが強烈でたまんないです。
 見終わった後の余韻が落ち着いてくると、妙に色々考えちゃう。
 始めからむきだせる人、そうでない人、のぶつかり合い。とか。愛とか変態とか。
 6時間バージョンもある?らしく、さくっと映画1本分増しって・・・気になりすぎる。

愛のむきだし
愛のむきだし

↓続き。ネタバレほどでないですが
続きを読む

ガタカ|GATTACA

GATTACA
ガタカ|GATTACA (1997)

 久々に観たらすっかり内容忘れててビックリしましたが(ジュード・ロウしか見てなかった可能性大)、好きな映画であります。
 近未来という設定のスタイリッシュな世界観(フランクロイドライトの建築とか)で、そのくせ服や髪型、車はクラシカルという、レトロ・フューチャーっつうんですか?ユマ・サーマンの端正な顔がすごくハマってます。とにかく世界がかっこいい。話はなかなかもの哀しい人間ドラマです。
 あと音楽が良い、マイケル・ナイマン(ピアノレッスンの)だそう。