カテゴリー別アーカイブ: Look inside

2011年を振り返る

 3月24日は誕生日だった。
 年度末の方が1年の区切りという感覚が強いです。
 12月にやらなかったので1年を振り返ってみよー。

1月・・・結婚式場と日にちを決める
2月・・・旦那が多忙期に突入したのでヒマ時間が増え、DVD鑑賞に力を入れる
3月・・・東日本大震災 旦那が留守がちだったので家で一人が怖かった
4月・・・引き続き一人の時間はDVD鑑賞 後半旦那さんやっと忙しさから開放
5月・・・絶賛花粉症
6月・・・箱根旅行
7月・・・レイ・ハラカミが死んでしまった
8月・・・ライジング・サン・ロック・フェスティバル 初大所帯テントで満足
9月・・・挙式の準備で大忙し
10月・・・結婚式を挙げた
11月・・・結婚1周年
12月・・・ぶらり函館旅行
1月・・・我々の今後3年間の計画のようなことを話し合う。いい時間だった
2月・・・上司にストレス
3月・・・年度末にソワソワ。父が定年退職&再就職。

 4月から仕事がガラッと変わるので、今年はかなり忙しくなりそうです。

6

 この時期、母親がソリに子供と買い物の荷物を乗せて引っぱっているのをよく見るが、そうするとあの地面に近い景色や、ソリの振動、スキーウェアの暖かさとソリの揺れで眠くなる感じとか、たまに段差に引っかかって荷物ごと落ちたなあっていう記憶をホンノリと思い出す。
 ソリにちょこんと座って引っぱられてる子供は、なんだかボーっとした面持ちだ。

2010

1月・・・仕事更新の面接でボケる
2月・・・沖縄4泊5日。レンタカーで一周
3月・・・仕事続投になった。忙しさやらなにやらで胃腸がおかしくなる
4月・・・新しい職場で新しい仕事がサッパリわかんね。同居のアパート見つける
5月・・・引越し!ひろ忙しい期突入。
6月・・・ひろ忙しい
7月・・・ひろ仕事開放
8月・・・ライジングサン!
9月・・・数年ぶりに髪染め
10月・・・両家顔合わせ食事会
11月・・・入籍!
12月・・・函館温泉旅行

1123

 えーと、2010年11月23日午後1時40分に入籍しました。
 今後ともよろしくお願いします。

 すでに一緒に生活してるので、とくに実感は無いなあ、今のところ。


 婚姻届には証人の欄があるというのを昨夜知り(バカ)、今日の午前中、お互いの親に慌ててサインをもらいに行くというハプニングもありつつ。区役所へ赴き、バーコード頭のおっさんに無事提出してきた。
 街をブラブラして、本当はランチをする予定だったchanoshitaで夕食。
 長かった、今日!

19

 当てつけや面倒くささのために逃げ出したり、うやむやにしたり、放ったり、そういうものごとは必ず幽霊のようにやって来る。しつこく。
 ものごとには結び目を。いびつでも・・。


 コーヒーあんまし飲まなくなったなあ。スキなんだが。

PMS

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)または月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とは、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。

Wikipedia

 かれこれ5年くらい前に知って、あ、自分これかぁと思ったのだ。

春と修羅

  ちひさな自分を劃(くぎ)ることのできない
 この不可思議な大きな心象宙宇のなかで
もしも正しいねがひに燃えて
じぶんとひとと万象といつしよに
至上福祉にいたらうとする
それをある宗教情操とするならば
そのねがひから砕けまたは疲れ
じぶんとそれからたつたもひとつのたましひと
完全そして永久にどこまでもいつしよに行かうとする
この変態を恋愛といふ

宮沢賢治「小岩井農場 パート九」より抜粋

 わたくしの敬愛する宮沢賢治先生の詩集「春と修羅」。
 「小岩井農場」というとても長い詩のほんの一部分だけどすばらしい。
 何度も何度も、一生かかって読みたいと思っている。

ざっくり2009

1月・・・仕事を探す
2月・・・履歴書送る
3月・・・面接。受かった(1年のバイト)
4月・・・仕事開始
5月・・・慣れなくてモヤモヤ
6月・・・慣れなくてモヤモヤ
7月・・・少々慣れてきた気がする。オロロンラインを北上、キャンプが最高だった
8月・・・慣れてきた気がする。旭山動物園や夕張へ。夏フェス行かず
9月・・・だいぶ慣れてきた気がする。美唄へ
10月・・・ライブや小樽など
11月・・・ありがとう1周年
12月・・・ドタバタし始めた。次の仕事考えないとなあ

 去年末、今年は「試練が多い気がしている」と感じた通り、何でも修行みたいだった。1日1日がこんなに重くて濃いとは。


 会社が違うと、国が違うくらいに感じる、時々。
 私みたいに、心を開くのに割と時間のかかる人物は、転職を考えない方がいいのかなと思った。思ったが、全く一からの職場で感じること、得ることはある。
 とくに今いる会社は少々特別なところなので、暗黙のルールに感心したり、理解できないと思ったり、ここは馴染んだ方がラクだ、と気付いてみたり。社員さんもたまにコッソリ「変でしょ?」と打ち明けてくれる。勉強になりますなあ。
 ま、契約期間はあと三ヶ月なんだけど。


 私は、自分の寂しさや、その他負の感情について、うまく吐き出せない性格である。怒ったり悲しんだりするけど、表面的なことばかりで、本心は我慢しがち。
 そういったことで、ひろ氏と話し合う事が月一くらいあり(うざいわー)、また、苛立ちを当て付ける事態もあり、もうダメかも知れん・・と何度か思った。けれど、そんなぶつかり合いを経て、私のシガラミは少しずつ取っ払われつつある、と感じた一年。


 さてまた来年を予測。色々と実行に移すことになると思うので、初めての事が多くて試行錯誤(良い意味でしたい)。