渡会純价の世界 -心のリズム 奏でるメモワール-

■渡会純价の世界 -心のリズム 奏でるメモワール-
@札幌芸術の森美術館
2009年5月31日(日)~7月1日(水)

 60年代から現在に至る作品は、例えば長女誕生やパリ渡航をきっかけにガラリと違うタッチに挑戦していて、渡会さんの生活や心をとても反映しているなあと思った。ファンタジーの挿絵のような世界で、特に動物がやたら奇妙で可愛かった。「初舞台」という、女の子と髭を生やしたヤギがステージに立つ絵が気に入った!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*