つば写、境界、団地、マイノリティ

 最近写真展つづきであります。


■藤倉翼写真展 つば写~誰にでも見える。彼にしか撮れない。~
2009年9月22日~10月4日
@テンポラリースペース

 プロとして前線で活動されてる、その力強さとか迷いの無さというかアピール力というのか、そういったものをビシバシと感じました。スナップ写真すら!みたいな。すごく良かったです。何と言ってもダイヤモンドプリンセス号、ですね。売約済みでしたが欲しいーっと思いました。最近船が気になるの。

藤倉翼の藤倉翼的こころ

■kensyo個展「境界」
2009年9月26日(土)~10月10日(土)
@CAI02(raum2&3)

 暗幕で薄暗くした会場をペンライトで照らしてゆくという展示でした。写真は薄いベールをまとった女性のヌード。ぼんやりした影だけだったり、はっきりピントが合っているのもある。
 この限定された灯りによって、作品をよりじっくり見ることになるし、浮かび上がる写真には「どこかに忍び込んで秘密を覗いているような」ドキドキ感があった。
 設置されたスピーカーからの水音(?)も雰囲気を醸し出していたのだけど、カフェの方の音楽と混じっちゃって残念かなとも思った。

EXTraCt from WOrLds

■Junya写真展 団地展
2009年9月23日(水)~10月3日(土)
@GALLERY NEW STAR

 団地と言えば住宅都市整理公団といった、もうほんとにのめり込んでる展示なのかなと勝手に思ってたんですが、「団地のある風景」というかとてもノスタルジアのある内容でした。

■アキタヒデキ個展「マイノリティ」
2009年9月9日~9月20日
@yumeneco cafe

 今年ベトナムに1ヶ月間滞在したアキタくんの個展。少数民族の人々を写した写真は、写り込んだ表情や仕草、そこから伝わるものがとてもあたたかかったです。
 帰国直後と、個展会場でも会ったのだけど、なんだか変わったなあと感じたものです。良い旅だったんだなあ。

アキタヒデキブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*