太田ヒロ SABITAGE

■太田ヒロ SABITAGE
10月5日(月)~10月10日(土)
@ギャラリーたぴお

 最終日のライブに行きました。
 錆び付いた「元鉄製品」を叩く行為、音。一昨年テンポラリースペースでライブを見たときも思ったけど、すごく世紀末的な感じ。


 鉄を使うアーティストであり、そのオブジェを打楽器にした奏者でもある太田ヒロさん。作品をちゃんと見るのは実は初めてだった。

 床に置かれたレール状の鉄棒、壁には波板が配置してあり、どれもほとんど同じ色合いに錆び付いている。これらを移動させ、ライブ用にセッティングするヒロさん。展示を見てるときに「ういーす。いらっしゃい!」と嬉しそうに声をかけてくれたけど、我々が会場に着いたときから相当酔っぱらってた(笑) 

 ライブは即興で、ギタリストの方と、男性のダンサーさん(DM無くて二人のお名前など分かりません)と、ヒロさん。
 最初はレールをマレットで叩く冷たい透き通った音がしていたが、いきなり波板を思いっきり打ち付けて、雷のような音が響いてからは、もう私は完全に持ってかれてしまい、ただ身を任せて聴いてた。
 ヒロさんの歌ともつかぬ声が始まり、途中マレットの頭がもげ、細い鉄棒や板に持ち替えていた。

 ダンサーさんは頭にパトランプ、すぐ裂けるペラッペラの衣装での際どいコンテンポラリーダンス。まだ壁に残っている波板を引き剥がしながらのパフォーマンス。ギターはドローン的役割を完璧にしており、すごく気持ちがよかった。

 ライブ後、床には錆や鉄の粉が飛び散っていた。

 素晴らしいライブ!!

Myspace

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*