07 Nov. 2009

 小春日和。南区真駒内散歩。
 幼稚園から小学5年の2学期終わりまで、南区真駒内に住んでいた。ウララさんも小学生のうち1年間だけ真駒内に住んでいた(学区は違うけど)。

 ・住んでいたアパートは外壁が塗り替えられていた、恐ろしくボロい物置はそのままだった
 ・プールの無かった小学校にプールが建っていた(隣の小学校まで借りに行ってたのだ)
 ・新しいプールのせいで、空想ドロ遊びをしてた一角が無くなってた
 ・ドーム型の歩道橋が無くなっていた(この歩道橋の中の匂いは独特だった)
 ・スーパーに入っている歯科は同じだった
 ・大嫌いな女子が住んでたマンションはまだあった
 ・マンションが増えた
 ・ウララさんの小学校、たぶんここにプールを借りに来てた
 ・ウララさんの住んだアパートも発見。全然来たことのないエリアだ

 遠足の時、必ず駄菓子を買う小さな店があり、ウララさんも知っていたので探すことに。
 記憶が曖昧で、なかなか場所がわからない。でも、細い中道に商店があって、その入り口を見たとたん、「カチッ!」って感じで記憶がよみがえった。ここだよここ。私が駄菓子をホクホク選んでいる間、母はここで買い物してたっけ。
 そしてその向かいにあったハズと、確信した場所にはもう駄菓子屋はなかった。商店のおっちゃんに聞いてみたら、「あー、昔あったよ。今は裏の金物屋さんで売ってるよ」
 金物屋には確かに駄菓子コーナーがあって、小学生がいた。我々も少し買った。

 真駒内駅の先、というか裏?には散策できる林道があって、よく一人で行っていた。(一人遊びが好きだったのです)
 買った駄菓子を食べ、日が落ちるまで歩くことにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*