村上春樹 – ノルウェイの森

村上春樹 - ノルウェイの森
村上春樹 – ノルウェイの森 (講談社文庫)
(1987)

 10年前に読んでたかったなあ、そして当時の自分の感想を知りたい。なんだか読んでると自分の人間関係についての色んな事を思い出した。
 会話に吹き出しながら、娯楽的な面を正面にして読んでしまったんだけど、背筋がゾーとするような薄ら恐ろしさが、なんか・・やばいのではと思った。性も生(活)も残酷なもんだ。ある意味。ブルブル。
 映画公開までに何度か読み返したいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*