北インド古典音楽

「北インド古典音楽コンサート」寺原太郎×U-zhaan
@ザ・ルーテルホール
出演:寺原太郎(バーンスリー)、U-zhaan(タブラ)

 8月1日。
 友人が行けなくなったので何人かに声をかけたところ、まるちゃんが興味ある!と返事をくれたので一緒に参りました。久々に会う彼女はレトロなワンピースが似合って大人っぽかったです。

 北インド古典音楽を聴くのは初めてだけど、案の定というかスッカリ虜。平たく言うと、“ラーガ”(旋律)と“ターラ”(リズム)をベースに、即興で展開していくもので、ラーガもターラも数十種類あるらしい。パンフレットにも「当日の雰囲気でラーガを決めます」って書いてあった。ジャズみたいよね。

 U-Zhaanのタブラ目当てだったのだけど、ASA-CHANG&巡礼でしか見てないので古典を聴いてリスペクトを新たにしました。聴いてるうちに、あ今のとこアドリブなのかな、ってのが分かるようになると聴く喜びが倍増した。
 寺原太郎さんのバーンスリー(横笛)良かった。ミーンと響く、あ~いかにもインドって感じのタンプーラの音を背景に、まるで山脈が見えるような・・いやほんとに。

 一部と二部合わせて正味1時間半くらいだったけど、すごく短かく感じたしもっと聴きたかった。
 古典って長いと一曲で2時間も演奏してるんだって。そうなると聴く方も演奏者もトリップ状態だよな~。今回の30分でも持ってかれそうだったんだから。
 とにかくまるちゃんも気に入ってくれたみたいで良かった!今度巡礼のCDを押し付けよう。

北インド古典音楽」への2件のフィードバック

  1. nin_nin

    インド古典パーカッション 超絶のリズムはご存じでしょうか?
    エロビデオを借りたときに店員さんのCDで聞いて質問したら二人で話が盛り上がり、単独チェロのアバンギャルドなライブに呼ばれて約束をしたけど行かなかったけどこのCDは笑っちゃうくらい凄いはずです。(おれ持ってない)

  2. hanae 投稿作成者

    いやっ知らなかったです!ただザキール・フセインはわかります、てかこのCDのシリーズすごく良さそうですね~濃い~
    いやーほんとハマりそうで怖いんですよインド
    エロビデオ屋でかかってるんすか?超絶パーカッション(笑
    あとタブラ習いたいのだー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*