村上春樹 – 神の子どもたちはみな踊る

村上春樹 - 神の子どもたちはみな踊る
村上春樹 – 神の子どもたちはみな踊る
(新潮文庫) (2002)

 阪神淡路大震災後に書かれた短編。
 様々なメタファー。とくに「UFOが釧路に降りる」の小箱は、最近またマルホランド・ドライブを観たので反応してしまったー。

 全体的に、後の長編「アフター・ダーク」のことを思いながら読んでた。
 短編を読むと他の作品に共通する部分での理解が少し深まる気がする。
 まだスンナリ入ってこない話もあるので、これから読み返してゆくのが楽しみ。

Contents

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*