タグ別アーカイブ: テンポラリースペース

07 10 2008

 きたいちギャラリーとテンポラリースペースに行った。ムチ打って。最近ほんと家を出るまでがグズグズ時間かかる。感想メモ後日。
 明日からはイメージフォーラム・フェスティバルへ行くのだ。

 「ロスト・イン・トランスレーション」観た。2回目はしっくりきて若干涙ぐんだ。使用曲もよい。スクエアプッシャーのTOMMIBって私の中で恐ろしい曲なんだけど、合ってたなー。サントラ買うかも。

*******追記。

 見た個展はどちらも7日が最終日でした。

■高幹雄個展
@きたいちギャラリー

 ペンを離れて、最近は筆を使って水彩絵具で描いているのだそうです。ポップなのを想像して行ったら、渋い感じで良かったです。「カオス」好き。あと紅白うんこ。めでたい。

■梅田マサノリ展「Scenery of cell 細胞の風景」
@テンポラリースペース

 着いたとたん雨が降り出してセーフ。入ると、流れてる空気も時間も違う感じがした。
 小さな黒い木箱に収められたガラス瓶の中に、枝、貝、珊瑚、耳型、歯型、皮膚、結晶・・(のようなもの)が入ってる(ほとんどが紫外線に色反応する液体の中)。どれも、どれだけ見ても見飽きなかった・・・人類が滅びたあと、僅かに残された痕跡の標本を見てるみたい。別の時代で。
 「・・それが人間の石炭紀であったと/どこかの透明な地質学者が記録するであらう」っていう宮沢賢治の詩の一文をちょっと考えてた。

 あと、流れてたバッハがものすごく調和していた。なぜか会う確率が高いダスキンのおじさんがそう指摘してて、本当にそう!と思った。ちなみに彼は劇団にいたのだそう(豆情報)(ちょっと好きだったりする)

 それにしても晴れている日に行けば良かった!
 そしてユカちゃんとニアミス、あちゃー。

10 Aug. 2008

 8日。
 RSR会議という名の飲み会。久々の再会アリ。あまりライジングの事は話さず。なんでか笑点の話で盛り上がった気が・・。始発までI君と飲む。エレクトロクラッシュ、ニューウェーブ、クリックテクノについてグデグデと語る。

■榎忠展 ~この男、危険~
@札幌宮の森美術館
2008年6月6日~8月10日

 ↑の飲み会で教えてもらった。6月のアーティストトークや祝砲パフォーマンスは当然見ておらず残念だったけど、10日の最終日にご本人がまた登場するとのことで行ってきました。
 金属部品のオブジェは、未来都市にも見えるけど、例えばこれらを全て合体するととんでもない武器になったりして・・・?などと想像しながら見てました。DVDを上映してたので見てると、例の半刈りは体調を崩すらしいです。
 ご本人来たのですが、拍手でお迎えした後は特にトークがあるわけでもなく、彼を遠巻きにしながらモジモジするという妙な空気に。でも握手&写真を一緒に撮って頂きました。わーい。意外なくらい小柄な方でしたが、眼光鋭く、手もゴリッと固くてパワーを感じました。また来て欲しいな。

 その後、まだ開いてるなーと思いアキタヒデキ展へ。
 特に写真を見るとやはり彼はデザイナーであるなあと思ったのです。風景やモノのデザイン的角度をグワシッと撮っているなあっと。でも手の写真はちょっと違って意味深で好きだなー。
 同行のI君と共にビールをたらふく頂いてしまいました。

点と点と展

アキタヒデキ個展「点と点と展」
日時:2008年8月9日(土)~8月17日(日)
※月曜休廊
時間:11:00~19:00
場所:テンポラリースペース
(札幌市北区北16条西5丁目1-8)
※入場無料

***
 しばらくネットから離れてた期間、唯一展覧会情報だけは不自由だった。知らずに行けなかったのがいっぱいあるー。

03 08 2008

■石原実作品展 マーブリング・友禅・藍染・柿渋染め
@工芸ギャラリー愛海詩(えみし)
(3日で終わり)

 染色家・石原実さんの作品展。北海道美術ネット別館でのエントリを見て行きました。友禅、藍染め、柿渋染めなどあらゆる染めを追求されてる方ですが、マーブリングがあるとのことで、とても興味深くネッチリと見てきた。私もマーブリングをたまにやるので。とくに「水鏡」という藍染めにマーブリングした作品は深い藍のグラデーションとマーブルの線が繊細で美しかった。なにより独自性があって。こんなに鮮やかにクリアに出すのは相当難しい技ですよ。私の場合ほとんど紙や木にやるんだけど、一回布に写したことがあって、ボケボケのドロドロになって諦めたことがあるわ・・。置いてあった雑誌にも書いてたけど、湿度や温度もかなり関係する作業だ(これは紙でもわかる)。なんて話をオーナーの方にしたら「少し前まで滞在してたんですよ、お話できたら良かったのにね」と。あーちょっと残念。

 その後CAIに行く前に神宮へ。お参りと森林浴。
 CAIの「くだらない展覧会」を観るつもりが日曜定休。ズコー。言えば入れてくれるんだろうとは思いつつもヘタレゆえ帰る。ペンギンズへ向かう。

■アオソラ ~19人の写真展~
@ペンギンズ Curry&Cafe

 ユカちゃん&ittoくんが出品してるのを見に行く。
 すぐ見つけられず、オーナーさんに「コバヤシユカさんの作品どこですか?」と聞くと「あっえーと、来ましたよ!」「???」 入り口からユカちゃん&ittoくん登場(笑)。すごい偶然と思いきや、ユカちゃんは朝からそんな気がしてたらしい。
 二人とも定期的に作品をリリースする機会を設定して作品づくりしててエライなあ。いやたぶんそれを意識してやってるのじゃないと思うけど。カレーも美味しかったし、思わぬ良い時間だったよ。

場所
 『ペンギンズ Curry&Cafe』
 札幌市中央区北4条西14丁目1−35 カネソビル1F
開催期間
 7月21日(祝)〜8月16日(土)まで
開催時間
 平日 14:00〜22:00 (11:30〜14:00はランチタイムの為、時間外)
 土曜 11:30〜23:00
 日祝 12:00〜20:00
 ※写真展開催期間中もお店は通常営業しています

■久野志乃展「物語の終わりに、」
@テンポラリースペース
2008年7月22日(火)-8月3日(日)

 その後、二人に便乗してテンポラリーへ。
 吹き抜け正面の台湾で描かれたという作品が良かったです、暖色系の色合いを目で追うと心までホワっとしました。以前はダークな色が多かったそう。空間の所々に白い小さな梯子が架かっていて、そのアイテムが想像力を呼ぶとても素敵なアクセントになってた。そしてシノさんも笑顔がキラキラで、また話したくなる素敵な方でした!