タグ別アーカイブ: VJ

SAKOTA HARUKA

 ライジングサンの事を思い出すと、真っ先に浮かぶのがあのROVOの時のビジュアルだ、ということに気付いた。迫田悠さんのVJ。完全に乗っ取られたもの。睡魔の中ですら強烈に焼き付いて、日が経った今では記憶のそこだけ異質にカラフルな感じすらします。いやー、思い出し鳥肌。また見たい。

迫田悠 

グラフィックデザイナー、映像作家。2000年にデザイン/映像制作チームKLOMAを結成、 2001年からROVOのVJを務め、国内外のライヴやツアーに同行。これまでROVOの他に、EGO WRAPPIN’、ohana、A Hundred Birdsほか数々のアーティストのPVやライヴ映像、アートワークを制作。UKの映像フェスone dot zeroへの出品や、メディアアートの祭典Ars Electronicaへの参加などで、海外からも注目を集める。2006年にKLOMA解散。迫田悠名義で活動を始め、ライヴや舞台の映像演出へ積極的に取り組む。京都精華大学での勝井祐二・大友良英とのセッション、東京国際フォーラムにおけるタップダンサー熊谷和徳ソロ公演の映像演出などを担当。手塚治虫氏の大作「火の鳥」をモチーフにしたSystem7の新曲「Hinotori」を、保谷ひばり・渡部暁と共に「ムー℃マジック」名義で映像化するなど、PV制作にも力を入れている。

Sakota Haruka: official website

MySpace